きれいな歯

インプラント治療

インプラント治療は、歯科医療の分野において1990年代ごろより普及し始めた先進的な治療技術です。外科手術によって金属製の人工歯根を装着し、その上に人工の歯を取り付けることで失われた歯を補完するというのが基本的な治療法です。人工歯根は骨に直接埋め込まれるためにぐらつきがなく、天然の歯とさほど劣らない安定感が得られます。そのため従来の入れ歯と比べても食生活に不便を感じることが少なく、快適な暮らしを送ることができます。 ところで、従来のインプラント治療には課題がありました。それは、上に述べたような治療の特性上、顎の骨に人工歯根を埋め込むだけの十分な厚みがない人には治療ができないということです。 しかし現在では医療技術の進歩により、この課題は克服されつつあります。それを実現する手段の1つが、骨移植です。本物同様の義歯なので、違和感も全然ないのです。

骨移植とはインプラント治療を行うべき個所に骨を継ぎ足すことで、人工歯根の埋入に十分な骨量を確保するという技術です。骨は時間が経つと他の身体組織と同様再生するので、骨を継ぎ足すとまるで骨折した箇所が治癒するように固着し、厚みや量を増すことができるのです。 骨移植には患者自身の骨を利用する方法と人工骨を利用する方法とがあります。自家骨移植の場合は、通常は顎の他の部分から骨片を採取して移植します。それが困難な場合は、脛骨などの一部を利用することもあります。 一方の人工骨移植は、炭酸カルシウムなどの人工物を自家骨の粉末と混ぜ合わせて代用骨を作って使用します。 この技術を導入している歯科医院の数はまだあまり多くありませんが、普及が進むにしたがって今までインプラント治療をあきらめていた人でも施術可能となる例が増えていくものと予測されます。

費用を検討する

インプラントは、保険の適用がされない自由診療のため、全額自己負担です。そのため、通常の歯科治療に比べると高額な料金を請求されてしまいます。しかしクリニックによって費用が異なるので安く抑えたい人は安いところを選ぶと適切です。

歯を白く

歯科クリニックで歯を綺麗にする治療方法について紹介しています。ホワイトニングやラミネートベニア、オールセラミック、メタルボンドなどがありますが、一般的なのは歯のクリーニングやマニキュアです。

歯列矯正

歯並びが良いとそれだけで他人によい印象を与えることができます。笑った際やふと歯が見えた際、歯並びが良いと好印象を与えることができるのです。また、食事の際も無駄な力を加えることなく噛めます。